Netwingブログ!

世界の情報・雑学を中心に情報をまとめています

ダックスフントはなぜ短足胴長なのか?

      2019/05/15

ダックスフントはなぜ短足胴長なのか

ダックスフントの体つきはなんとも奇妙です。

脚が極端に短く、それに比べ、胴が大変長い。

ペットとして人気がありますが、どうしてあんな姿をしているのでしょか。

そもそもダックスフントはドイツ語で、ダックスは穴熊、フントは犬を意味します。

すなわち、ダックスフントとは「穴熊の犬」という意味なのです。

ダックスフントはもともと猟犬でありました。

短足胴長のあの姿からなかなかイメージできませんが、ダックスフントはヨーロッパで、ある狩りのための犬として、作り出されたものなのです。

その動物とは?

それはダックスフントという名から分かるように、穴熊です。

ダックスフントはもともと穴熊狩りの専用犬でした。

穴の中で生活している穴熊を穴の中に滑り込んで捕まえるためには、短足胴長のほうが適しているのです。

現在のダックスフントは16~17世紀ごろ、ドイツで作られました。

このダックスフントは、英語ではダックスフンドといいます。

この犬種は脚は短いのですが、走るのは結構早いのです。

 - ブログ記事